育児中は帰省すらストレス源。いくら頑張っても自分の時間というご褒美がない。

今回はほとんど愚痴です。すみません。似たような状況の方がいらっしゃいましたら共感してください。最近ダブルケアが社会問題化してますよね。遠からず私にも降りかかるんでしょう。ホント何でも経験ですね。今回は身をもってダブルケアの入口を覗いた気がしました。

ホント入口を覗いたに過ぎなくて、実際にダブルケアで大変な思いをされてる方にはおこがましくてこんな記事見せられないんですが^^; よかったら駄文にお付き合いください。

スポンサーリンク

親が入院しました

昨年11月に親が入院しまして、今月(1月)までは毎週末は欠かさずお見舞いのために帰省してました。ええ、もちろん0歳4歳を連れて帰省ですよ。(子どもたちは家族交替で面倒をみて院外で待機させました)

まー、これが実に大変なんですわ。「子育て主婦は大変」なんて社会では慣用句のように使われてる言葉だけど、今回改めて思い知った次第。

乳幼児連れて帰省は大仕事。

実家へは車で約1時間半かかります。このために私と子どもたちが泊まるための準備と、平日出来なかった家事を一気に片づけて、0歳がぐずらないタイミングを見計らって出発します。

週末にやる家事とは主に掃除と買い物です。私は1週間に1度しか買い物に行きません。0歳連れて買い物に行くのはしんどいし面倒なので、週1にして一度で終わらせたいのです。掃除も平日はさぼりがちなので、週末にやっつけます。

長男が幼稚園に行ってる間にやれって話ですが、弁当やら0歳の世話やらで朝はバッタバタ。一息ついたり離乳食やったりしてると幼稚園のお迎えなんてあっという間ですよ。

今までは旦那に子どもを見てもらって土日にのんびり消化してたんですが、最近は土曜出勤が多いのであてにできません。

毎週末、実家に帰るためには土曜日に超特急で家事を片づけ、荷造りをします。実家についても0歳4歳の世話と家事に追われます。あ、ウチは実家に帰っても皆仕事してるんでゆっくりなんてできません。

1泊して日曜の夜に帰宅すると、寝かしつけと荷解きが待っています。何かやりたいことがあっても、疲れすぎてやる気が起きません。泥のように眠り、目覚めると月曜の朝です。

これだけやっても自分の時間なしかよ…

もう心底がっくりきます。私は何のために生きてるのか…。なんて思いもよぎります。このブログも本当はもっと気合の入った記事を書きたいんですが、それもままならず…。

独身の時なんて、実家に帰るのがどちらかというと楽しみだったものですが、0歳4歳を抱えて帰省するというのがこれほど大変なことだとは思いませんでした。

はっきりいってかなり大仕事です。正直、毎週だとハードルが高すぎて萎えます。やっぱりね、これって「家事」が大きいんですよね。

主婦が家を空けるってことは、その間やれる家事を他の時間にしわよせさせるってことなわけで。だから帰省するってことは「家事がしわよせされる」プラス「宿泊準備、帰ったら荷解き」っていう余計な仕事が上乗せされるってことなんですよね。

ただでさえ毎週いっぱいいっぱいで回してるっていうのに。

で、結果的にせっかくの休みのはずが、平日以上に疲れることになるんですよね。しかもこれだけやったって、面会時間は15分やそこらなわけですよ。親のことももちろん心配だけど、ストレスの方がそれを凌駕するんですね。

じんましん出ちゃったよ

そんな生活を昨年11月末から続けてたせいか、昨日はじんましんが出ました。これで2回目です。1回目は年末でした。

おまけにものもらいまで。ものもらいは、腫れに気づいた時点で患部に一切触らないようにしたら3時間くらいで治りましたが…。

やっぱり、自分でいうのも何ですが、かなりのストレス抱えてたんだと思います。私、36年間生きてきた中で、ストレスでじんましんになったのはこれが初めての経験でびっくりしました。

私の従姉が離婚騒動の際に「旦那の顔を見るだけでじんましんが出る」って言ってたんですね。その時は「大変なんだなあ」って思うのと同時に「いやー、それくらいでホントにじんましんて出るのかなあ」って失礼ですが思っちゃったんですよ。

私が今までじんましんになったのって、卵の食べ過ぎとか、何らかのアレルギー反応としてだけだったので。だから、じんましんって本当にストレスで出るんだって思ったんですね。

母親は育児の奴隷

ちょっと言葉が過激すぎましたか?すみません。私個人の正直な感想です。

乳幼児育ててる主婦って、帰省するってだけでこんなに大変なんだなあ、どんなに小さなアクションでも絶えず制約があって拘束されて、まるで見えない鉄球が足にしばりつけられてるみたい…。そんな風に思いました。

独身だったら簡単にできたはずのことが、子どもがいるというだけで付随する業務の何と多いことか。少し考えりゃ誰にでも分かることですが、今回はちょっと、いやかなりショックでした。

この何とも言えない拘束感・閉塞感を、なぜか女性ばかりが味わわねばならないことに本当に理不尽を感じます。

今週末はさすがに自分が壊れると思って帰省を辞退させてもらいました。

すみません、何にも為にならない記事で、ただの愚痴でした。

人の親になるってこういうことなんですね。何でも経験、ということで。私もちょっとは大人の仲間に入れたのかなって思いました。ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ