5歳長男はひらがながまだ読めない。そろそろ教えるか、と教え方を試行錯誤してみた

自慢じゃないですが、私は全然教育熱心じゃありません。そのせいか我が長男は、まだひらがなが読めません。まあそんなに焦ることもないか、ひらがな読めない大人って見たことないし(本当は面倒くさいだけ)と思っていたのですが…。

長男の友達は結構みんな読めるんですよ…。また、子どもがひらがなが読めるということは、私のようなズボラ母には無視できないメリットがあります。それは、一人で絵本が読めるということなんですね!

こりゃあそろそろ重い腰をあげるべぇか、と思いまして幾つか試してみました。初めのうちは「こんなんで大丈夫か」と思うほど長男はすぐに投げ出していたんですが…。

最近「あ、これならイケそうだな!」と思えるやり方が見つかったんで(そんな大したもんじゃないけど^^;)、ここでご披露したいと思います。

ちなみに長男の特徴は飽きっぽいです^^;

スポンサーリンク

まずは五十音表

いきなり平凡ですみません^^; 何でも地道が一番ですよ。すごい知育グッズ使ってあっという間に覚えられたらいいんですが、そんなことは無理なので地道にゆっくりやるのみです。

さて、いろんなやり方があるとは思いますが、私は五十音表がないと話にならない気がしましたんで、とりあえずこれだけは用意しました。

IMG_0987

百均で売ってたやつです。個人的には「し」のところに「シャツ」とか納得いかないんですが…。「シマウマ」とか、他になかったんかい(笑)

さてこれをトイレの便座の正面に貼っておきました。初めのうちは

あめの「あ」!とか

つみきの「つ」!とか

そばで言ってあげてたんですが、そのうち私を呼びつけて「これは?」と訊いてくるようになりました。しばらくすると大部分の音と絵をセットで覚え、自分で「○○の○!」と言うようになりました。

でもこの時点では音を覚えただけで、文字はかなり怪しいです。文字については、だいぶうっすらとしたうろ覚えです。実際、絵本見せても読めませんし。

で、次にやったのがコレです↓

興味のある物や人の名前で覚える

何でもそうですけど、やっぱり使わないと覚えません。ママ友の子は、おじいちゃんが新聞を読むのを傍で「これは?」と聞きながら覚えたそうですが、我が長男は文字の羅列を見ると、途端にやる気をなくします。

身近な人の名前から

というわけで長男の興味のありそうな単語からいくことにしました。最初は自分の名前。これはみんな通る道ですよね。次に家族の名前、友達の名前、先生の名前…という感じです。

普段から大好きで、よく遊ぶ子の名前をお題に出して、五十音表から見つけさせます。

じゃあ次は、みほちゃんは?

えーと…あ!あった!みかんの「み」!

おー!やった!じゃあ次、「ほ」は?

こんな感じです。ここで、すでに自信がついてる字が含まれてるとグッドですね。たとえば、長男の名前が「みちお」だとすると、「みほ」ちゃんと「み」が共通するわけです。まったく知らない文字だけで構成される単語より、グッとストレスが減ります。

誰でも新しいことを覚えるとき、100%新しいことだとストレスを感じます。私たちも普段の生活に入り込んでる英語ならハードルが下がるけど(イエスくらい知ってますよね)、いきなりドイツ語って苦しいです(イエスに当たる言葉から覚える必要がありますよね)。

写真たっぷりのカタログや雑誌を使って

さて、ここらでだいぶ自信がついたかと思って絵本を見せましたがやっぱりダメでした。文字の羅列にはまだストレスを感じるようです。

というわけでベルメゾンのカタログを見せましたら食いついてきました。

IMG_1010

たくさんの写真の中に大きい文字で2~3行というバランスがちょうどいいみたいです。これを見せましたら

あっ!あった!すいかの「す」!

と喜んで、五十音表とカタログを交互に見ていました。他にレシピ本など使うと、普段食べてるおかずの写真が出てきて楽しくできると思います。
IMG_1012
↑これなんかいいですよね~。写真が楽しいうえに文字がでかくて少ない!(笑)

普段の生活でクイズ形式

ここまでくると読める文字が増えてきて、本人も楽しくなってきます。道を歩いてるとき、車に乗ってるとき、街中で看板などのひらがなを見つけては「あ!あれ○○だ!」と叫んだりするようになりました。

私が看板を指さしてクイズを出したりすることもあります。こんな風になったのは最近のことですけど、ようやく「もう大丈夫そうだな」という感じになってきました。

感想というか余談

さて今回は一番うまくいったやり方をご紹介したわけですが、これ以外にも試したものがあります。

  • スマホのひらがなアプリ
  • ひらがなカルタ

この2つはダメでした。初めのうちは珍しがってやるんですが、すぐ飽きます。好きな子の名前とか、本人の生活に密着したものでないと興味がわかないのかもしれませんね。

5歳というとひらがな読める子の方が多いのかもしれませんが、我が家のようにのんびり屋さんのお宅もあるかと思いまして今回の記事を書きました。

アンパンマンのひらがなグッズで覚えたという話も聞きますし、要は本人の興味がわけばいいんだと思います。その点、我が家はコスパはよかったかな。なんたって百均だったし(笑)。

よかったら試してみてください。ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ