飲食店の物件探し。残ってる什器は全部使う?居抜きで気を付けるポイントとは。

一般的にスケルトンの状態に内装を一から施工すると初期費用が高くつくので、居抜きを考えてる方も多いと思います。私は居抜きではなかったのであまりたくさんは書けませんが、知ってる範囲のことを書こうと思います。

スポンサーリンク

厨房設備は全部利用する?冷蔵庫・食洗機は要注意

居抜きの状態が新しければ厨房設備を全部利用してもいいかもしれませんが、コンピュータを内蔵しているものは気を付けた方がいいようです。これはホシザキの営業の方に聞いたことです。

冷蔵庫や食洗機のようなコンピュータを内蔵した設備はデリケートですし、修理も高額になりがちです。居抜きにくっついてきた厨房設備は、普通は保証期間が過ぎてますので、最悪は開業してすぐ冷蔵庫が壊れました、ってことにもなりかねません。

逆にコンピュータが入ってないもの、調理台・シンク・ガスレンジ等は遠慮なく利用していいと思います。ウチは冷蔵庫と食洗機は新品を買い、それ以外はテンポスバスターズで揃えました。

特に冷蔵庫は生命線なので保守契約を結んでおくことをお勧めします。普段のフィルターのメンテナンスをやってもらえますし、壊れても修理を無料でやってもらえます(とはいっても、部品交換になったら実費は取られると思います。詳細はホシザキさんに確認してください)。私はホシザキの回し者じゃありませんが、ここは大事なポイントかなと思います。壊れた時のダメージは大きいので。

基本は買い手市場

店を売りたいっていうのは、当たり前ですが店をやめたい理由があるんです。普通は売上が悪いっていうのが理由のほとんどを占めると思います。中には家族の事情とか、体を壊したからとか他の理由の場合もありますが。

なので、売る側というのはあまり時間的余裕がないことが多いです。住宅だったら自分が住んでるところですし、すぐに売れなくても困らないことが多いと思いますが、店舗だと営業は芳しくないのに家賃がどんどん出て行ってしまうので、早く売りたいっていう心理が強いです。

売る側はこうした背景から値切られることが分かっていますので、最初の造作金額はふっかけてくることが多いです。言い値が通ることなんてまずありませんからね。なので、居抜き情報は下見の数をこなして相場観を養い、ある程度強気で交渉するべきかと思います。まあ、良い立地だったりすると、強気すぎると他の人に買われちゃうこともあるのでバランス感覚も必要でしょうけど。。。

補足だけどすっごく大事!周辺のお店と仲良くなろう

居抜きに限らずスケルトンでも同様なのですが、家賃や坪数など数字で良し悪しを見るだけでなく、周辺のお店と仲良くなっておくのはとても大事なことだと思います。物件がいくら良くても周辺の状況が悪ければ何にもなりません。

私はお店を出す物件を検討していたころから(市場調査みたいなもんです。周辺の人通りとか、競合のお店の客数とかチェックしてました。そんなに大した調査はしてないですけど^^;)、近所のお店(個人店)にお客さんとして入って、「近々こういうお店を出しますんで、どうぞよろしくお願いします~」なんて挨拶してました。

お客さんとして食事して、丁寧に挨拶すると悪い気はしないもんだと思います(当然ですがランチタイムが終わるころがいいです。忙しいときに挨拶されても悪い印象残すだけです)。「そうなの~。よろしくね~。」なんて言ってくれて、後々もいい関係を続けることができました。

私と付き合いがあった店はなんと同じメニューを出す店で、ライバルになるはずなんですが非常に仲が良かったです。休憩時間に遊びに行っては、売上や家賃など結構深いところまでぶっちゃけて話しながらお茶を飲み、仕入れなどの情報交換を行い、景気が悪くなると励ましあったりしていました。

あなたは飲食店に向いてますか?開業前に飲食業のデメリットを考える
飲食店の仕事が実際はどんなものか、できるだけ事前に知っておくと「こんなハズじゃなかった…」ということも防げると思います。今回は、そういう視点...

この記事でも書いたんですが、飲食店オーナーは孤独に陥りがちなので、こういう励ましあえるつながりをもっておくのは非常に重要です。

リーマンショックの時は「あそこの店は家賃を下げてもらった」などと言って、家賃交渉の材料にさせてもらい、実際に下げてもらったこともありました。

また、こういうコミュニケーションをとっておくのは防犯上もいいことだと思います。私の店は泥棒に入られたことはありませんでしたが、風邪をひいて店を休んだとき、「仕込みに来てないけど大丈夫?」って仲良しの店が電話してくれました(まだ朝早くて貼り紙してなかったんです)。ありがたいことですよね。

最後の方は蛇足っぽい内容になってしまいましたが、よかったら参考になさってください。ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ