コンロの上スッキリしたい…コンロ奥カバー&ラックを買ってみた。

油はね予防のために置いたコンロ奥のカバーラック

突然ですが、お宅のコンロの上ってどうなってますか?ヤカンとか、明日の朝食べようと思ってる味噌汁が入った鍋とか置いてません?

あれウザくないですか?

私はウザいです。あと、グリルの煙が逃げるところ(一番奥の、ほらあれよ、穴がいっぱい空いてるやつ。あれ名前なんて言うんですかね)に炒め物とかしたときの油がはねてどんどん汚れていくんですよね。あれもいずれ掃除するの?イヤだな~。って思ってました。

で、それらを解決するようなものないかな~っとネットをウロウロして見つけたのがコチラ。

個人的に思うんですが、掃除って凹凸をできるだけ減らすのがコツだと思うんですよね。以前流行ったルンバも、「流行ってるから買ってはみたけれど、ルンバに仕事をさせるには部屋の片づけが先だった」って人多いんじゃないかな?まあ、それ私のことなんですけどね。(笑)

それと根っこは一緒っていうか、フラットな方が掃除しやすいし汚れにくいんですよね。

すのこ状のコンロカバー&ラック

こういうやつ↑ね、いいですよね~、オサレですよね。スタイリッシュ。ここに調理中の鍋とかヤカンとかチョイ置きしてねってことですよね。これはこれで、すのこ?状になってるから熱々の鍋でも遠慮しないで置けちゃうって利点はありますね。

ただね…、これ置いちゃったら油はね汚れの掃除、さらに大変になりませんかね?掃除するもの1つ増えますよ。そんなわけでずぼらな私としてはすのこ状は歓迎できないんですよね。その点、今回買ったカバーラックは台ふきんでサッと拭けばいいからラクです。

完全にカバーしてるんで、その下の「グリルの煙逃がすところ(ごめんね名前わかんなくて)」は油はねしません。このオサレなやつはマメな人向きだと思います。

もちろん、ウチのカバーラックにも欠点はありますよ。グリルを使うときはカバーを倒して煙が逃げられるようにどかしてやらなきゃいけないんです。あと、あんまり熱々の鍋は置くのに躊躇します。

確か説明書にもあんまり熱いもんのせるなよ、的なことが書いてあったような。そんなときは鍋敷き(布製)をぴらっと一枚、間に敷いてやります。

コイツが来てくれたおかげで、キッチンがすっきりしました♪ちなみに上にのってるヤカンのとなりの黒いヤツは及源さんの卵焼き器です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ