ガッテンのコツの通りにやったら、レトルトの素を使わずに水っぽくない美味しい麻婆豆腐が作れるようになった★

麻婆豆腐のアップ

今まで麻婆豆腐の素を使うしかなかった私ですが、今回ガッテンの麻婆豆腐編を熟読したら「素を使わない・水っぽくならない安定して美味い麻婆豆腐」ができました。さすがガッテン。子どもにも食べさせるので豆板醤は入っていません。ではいってみましょー★

スポンサーリンク

材料

  • 木綿豆腐 1丁
  • ニラ・ネギ 適量(私はニラ1/2袋・ネギ1本使いました)
  • 豚ひき肉 200g
  • 甜麺醤 大さじ1と1/2
  • しょうゆ 大さじ1と1/2
  • 片栗粉 大さじ2
  • オイスターソース 適量
  • 塩 小さじ1(最後の調整用)

作り方

つらつら材料書きましたけど、調味料以外は主な材料はこれと豆腐くらいなもんです。野菜は外したくないけど、最悪なくても作れます。私はネギだけで作ることもあります。片栗粉大さじ2は同量の水で溶いておきましょう。

麻婆豆腐の材料

私はフライパンは温めません。油をひいたら挽き肉をのせて広げ、弱火にします。しばらく放置しておくとジュクジュク音がして肉が焼けてきますので、竹べらで混ぜながら炒めていきます。

豚ひき肉を炒めるところ

コツ1:挽き肉をしっかり炒める

挽き肉は白くなったらオシマイ、じゃないんだそうです。しっかり炒める。私もポロッポロになるまで徹底的に炒めました。炒めが終わったら甜麺醤を入れます。私はこのスプーンで山盛り2杯いれました。豆板醤を入れたい方はここで入れてください。

挽き肉に甜麺醤を入れるところ

甜麺醤が全体に行き渡るようにさらに炒めます。挽き肉がポロッポロになってるの分かりますかね?甜麺醤が行き渡ったら、水250ccと豆腐を入れて煮込みます。

甜麵醬を入れてさらに炒めた挽き肉

コツ2:水っぽさを抑えるため、豆腐をしっかり煮込む

ここが水っぽさを防ぐポイントですね。私は豆腐がひたひたになるくらいの水で、5分くらい煮込みました。しっかり煮込むことで、豆腐の中の水が追い出されます。しばらく煮込んで豆腐が水から半分ほど顔を出すようになったら火を止めます。グツグツがおさまったら水溶き片栗粉を投入(ダマにならないようにするため)。

挽き肉に豆腐を入れて煮込んで片栗粉でとろみをつけるところ

さらに野菜もここで加えます。

野菜を投入したところ

コツ3:とろみをつけるため、さらにしっかり煮込む

ごま油を大さじ1加え、グツグツ煮込みます。ごま油が豆腐の食感をプルプルにしてくれます。とろみはしっかり煮込まないとつかないので、鍋が焦げるくらいグツグツ煮込みます。ガッテンでは40秒とありましたが、私は焦げ付かないよう鍋肌を少しこそげながら1分くらいは煮込みました。

ごま油を加え、煮上げしている麻婆豆腐

ここまでの工程は水分の出入りが激しいので、味が決まってないと思います。オイスターソースを回しかけ、塩を小さじ1ほど入れました。この辺は味をみながらやってください。

オイスターソースを加えたところ

ラー油を落としてできあがり。辛くないので子どもでも食べられました。

出来上がった麻婆豆腐

麻婆豆腐の素を使った時より美味しかったです。今まで麻婆豆腐って自信がなくて避けていたのですが、夕飯のローテーションに入れられるようになりました^^ ではでは~。