母乳指導がつらかった。母乳育児は助産師さんとどうしたいかよく話し合ってね。

私は第一子は県内屈指の大学病院で、第二子は一般的な総合病院で産みました。二回とも個人の産院にしなかったのは、私がメジャーな抗生物質のアレルギー体質をもっていましたので、万一のことを考えたからです。

スポンサーリンク

母乳に対するスタンスは病院ごとに違う

母乳が重要で、できれば赤ちゃんには飲ませた方がいいというのは大学病院も民間の総合病院も同じ認識でした。まあ常識的に言ってそうですよね。ですがそれをどの程度徹底させるかはそれぞれ違いました。

大学病院のときは結構ゆるかったです。やっぱり母乳なんてほとんどの場合、初めは苦労しますから、うまくいかないとナースコールして

 「すみません、40ccくださーい」

 「わかりました~」

なんてやりとりがあって、こちらが要求するままにあっさり応じてくれました。

第二子のときの民間病院は、絶対完全母乳!って気合いが入ってるところで、ミルクなんて滅多に作ってくれませんでした。「もっと頑張れるでしょ?」みたいな雰囲気で。おっぱいマッサージ等々、助産師さんがそれはそれは手厚くケアしてくれました。まあスパルタとも言いますが^^;

こちらの助産師さんによると、ちゃんとケアしてやればほとんどのママが十分な母乳が出るようになるそうです。

で、助産師さんは赤ちゃんに極力ミルクをあげずにギリギリまでおっぱいを吸わせて母乳分泌を促したいんですね。赤ちゃんは産まれたとき、ある程度の栄養を蓄えてるので、ちょっとやそっと体重が減っても気にしなくていい、と言います。

一方で医師の側は赤ちゃんの健康管理上、許容できる一日の体重減の限界値があるらしく、これを超えるとドクターストップ?がかかって助産師さんにミルクを足すよう指示が下り、ようやくミルクを足させてくれるわけです。

一日中おっぱいを吸わせることに疲れ果てた私は、ここでやっと一息つくことができました。文字通り一日中です。食事とトイレ以外はおっぱいを吸わせていたので身体中ヘトヘトでした。泣きたい気持ちでした。

母乳が出るまでがつらすぎる

私は第一子の経験があったので、母乳は最初は出ないもんだ、ツラいもんだって一応分かってましたが、いきなり第一子で母乳スパルタ指導だったらキツいんじゃないでしょうか。

母乳が出なくて赤ちゃんはしょっちゅう泣くし、ほぼ一日中おっぱいを吸わせてママは疲れ果て、乳首は切れてカサブタだらけ。ほとんどのママが乳首が切れた経験をお持ちなんじゃないでしょうか。乳首のカサブタを赤ちゃんに吸われると、飛びあがるほど痛いです。

私の隣のベッドのママは「おっぱいをあげるのが怖くて仕方ない」って言ってましたもん。母乳が出るまで、全くミルクの助けがないと本当につらいです。ミルクをあげちゃうと母子ともにミルクに(ラクな方に)流されてしまって母乳がもっと出なくなるっていいますけど、あのツラさを考えると、もうちょっと柔軟にぼちぼち頑張るやり方はないもんかなあって思います。

ちゃんと説明してほしい。押し付けないでほしい。

この病院がたまたまそうだったのかもしれませんが「ウチは赤ちゃんの体重が一定量減るまでは母乳で頑張るんだけど、この方針でやっていい?」って説明も何もありませんでした。

母乳推奨を掲げているのなら母乳が出るようになるまでのプロセスとか、ツラかったらミルクを足したいかどうかの確認とか、その際はどんなメリットデメリットがあるとか、十分説明した上で、もうちょっとママ本人の意向を尊重すべきと思います。

私は正直、ツラすぎてとっととミルク足してくれ!と思ってました。授乳なんてもうコリゴリでした。母乳指導で子育てが一気にツラくなりました。

自分の母乳の量が信用できない。

私は第一子は8割以上ミルクで育てました。最初のうちは母乳でしたが、私は自分の母乳の量を信用していませんでした。だって飲んでる量が見えないから。出てる気がしない。

それに母乳って血液からできてるんですよ?下の子は毎回200ccを一日に5~6回飲みます。同じ量の献血、毎日できますか?私は到底そこまで出てるとは思えなかったので、あっさりミルクにシフトしました。

たぶん専門家(医師or看護師or助産師)にきけばこの疑問に答えてくださるんでしょうけど、ミルクにシフトする意思は変わらなかったのでこの疑問は放置しました^^;

もうちょっと助産師さんと母乳指導についてコミュニケーションしたかった。

まあそんな経緯もあり、「私、こんな泣く思いしてまで完全母乳にしたいなんて言ってないよ?」と悶々としてました。それに第二子になると上の子の世話もあるので、悠長におっぱい吸わせてる時間なんてありません。母乳はミルクに比べて腹持ちしないので、しょっちゅう催促されるのも嫌でした。

てなわけで全国の助産師さんにお願いですが、ママによってどのくらいまで頑張れるか様々ですし、母乳に対する知識もモチベーションも違いますので、よくよくママと話し合って合意の上、ママに合ったやり方で母乳推進して頂きたいなーと思います。これからお産の方はこういうこともあるってことで、参考にしてください。
母乳育児サポート飲料、母なるおめぐみ

母なるおめぐ実

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ