母乳信仰に潰されるな!母乳しか見えない状況から一歩引いてみるためのヒント。

先日、NHKの朝の番組で「母乳育児を希望する母親は9割以上」というニュースを見ました。近年母乳の良さが見直されて母乳育児を希望する方が増える一方、母乳が思うように出ないという悩みを抱える方が多いとか。あまり母乳に振り回されて、ママの笑顔が曇るのは悲しいよね。

スポンサーリンク

ストレスフリー万歳。ミルクで全然平気。

私はほぼ完ミ(完全ミルク)でした。長男も次男もです。別に何も困ったことはなかったです(むしろ腹持ちがよくて、よく寝てくれるんで母乳より助かったくらい^^)。最初のうちは病院の母乳スパルタ教育のおかげでほぼ完母でしたけどね。

私が完ミにした理由は(混合のつもりだったけど、完ミといって差し支えないくらいミルクの割合が増えていった)、自分の母乳の量が信用できなかったからです。

おっぱいが透明ならどのくらいの量が出てるかわかるけど、乳首から赤ちゃんの口に入ってしまうわけだから実物を見ることはできないです。だからどのくらいの量が出てるか全くわからない。足りてるかどうかも分からない。赤ちゃんが「足りてるわよ」って言ってくれればいいんだけど(笑)。

その点ミルクはすごく分かりやすかった。計量するんだから当然なんですけどね。私が一番心配だったのは発育に必要な栄養をちゃんと摂れているかでしたから、それが確実にわかるミルクの方がよっぽど信用できました。

あとはラクだったから^^。どんなに母親の体調が悪くても、それに左右されることなく十分な栄養を安定して与えることができます。これは母親にとってすごくラク。産後の腰痛・悪露・会陰の痛みや、育児による全身の疲労。産後の肥立ちが悪く、授乳どころじゃない人だっていますからね。

夜中の授乳(ミルク)だって、薄い私の母乳なんか飲むよりもスコーンと寝てくれましたよ。赤ちゃんもママも、良質な睡眠がイチバン!でした。

 母乳が出ないと悩むママたちへ

母乳に期待するものは免疫物質?

母乳育児を希望する9割の母親は、いったい母乳に何を期待して母乳育児をしたいと思うのでしょうか?免疫物質でしょうか?

例えば有名な話ですが、笑いは免疫力を向上させるという研究もありますよね。

免疫力を高める、「笑い」の効用(大和薬品)

私が言いたいのは(医者じゃない素人の意見ですが)、免疫力というのは母乳のように口から入るものだけではなく

  • 規則正しいリズムある生活
  • ストレスの少ない精神状態
  • 母親を含めた赤ちゃんの周辺環境など
  • もちろん母乳もそのひとつ

いわゆるすべての要素が作用しあって決まるものではないか?と。

a0001_010731

母乳も大事だけど

たとえ母乳がたっぷり出たって、監獄のようにすごく住環境が悪かったり、母親がストレス過多で笑顔を向けてくれなかったり、寝るのが深夜だったりしたら赤ちゃんの発育に良くないだろうということは想像がつきます。

何が言いたいかというと要はトータルバランスが大事。

何か一つに極端にこだわることで、ママにストレスがたまったり、赤ちゃんが必要な栄養をとることができなかったり、その為に母子が十分な睡眠をとれなかったりなど他のことにマイナスが出れば全体的に考えれば悪影響といえると思います。

一応、初乳だけは頑張りました

とはいっても、私も気をつけた点が一つあります。初乳(産後5日間ほど)は成乳に比べて重要と言われてましたので、初乳は頑張って飲ませようと努力しました。スパルタ病院だったので強制的に頑張らされたわけですけどね^^;

どっちみち大差ない気がし★※○&#$

話は戻りますが。「本当は自分がどうしたいか」ということに素直になるべきだと思います。私のように「母乳なんか知るか」ってラクな方に流されてもいいですよ。私が背中押しますから。

a1180_011282

ただ、私が思うにどの道を選んでも大差ない気がします。だってそれこそ戦後なんて明日死ななきゃ儲けもんくらいの時代なわけだから、ミルクはなかったかもしれないけど、もう生きてりゃ何でもいいやくらいに育ててたわけだし(極端な話してごめんなさい)。

もちろんその後、ミルク全盛の時代に育てられた世代の人たちもいますし。でもそれらの時代に育てられた世代の人たちが免疫弱くて、短命だったかというとそんなこと全くなくて、むしろ私たちの世代が介護の心配してるくらい長生きなわけだし(笑)。

だから、母乳出なくても悩むことないと思いますよ。開き直ってミルクガンガン飲ませればいいじゃないですか。たぶん10年後は学校の人間関係とか、勉強とか心配してどうせこんな悩みがあったことすら忘れてますから。ではでは。

それでも母乳で育てたいというあなたへ★
母乳育児サポート飲料、母なるおめぐみ

母なるおめぐ実

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ