ベイクパンでスパイシーポークソテー作りました★パサつきがちなロース肉を簡単に柔らかく美味しく焼こう!

焼きあがった豚肉

以前、鶏肉をベイクパンに入れてグリルに入れると肉汁がたくさん出てよろしくないという記事を書きました。で、豚肉なら鶏肉より水分が少ないからうまいこといくだろうと思って豚ロースの厚切り肉で試してみました!それではいってみましょー★

スポンサーリンク

作り方

使ったのはこちら。外国産にしようと思ったら、ボケッとしてて国産買っちゃった。

豚ロース肉ステーキ用

本当は格子状に切れ目を入れて筋切りするのが正しいんでしょうが、面倒なんで適当にお肉のフチに切れ込みを入れました。お肉は常温に戻しておいてください。

適当に筋を切った豚肉

毎度おなじみギャバンのスパイスミックスをまぶします。スパイスだけでなく、チーズパウダーや塩がいい塩梅で配合されていて、とにかく難しいこと考えずこれさえまぶしとけば間違いない優等生。

ギャバンのスパイスミックスをまぶした豚肉

ちなみにこういう作業は牛乳パックの裏側を使うとラクだと最近気づきました^^;

グリルでの加熱

スパイスミックスをまぶしてしばらく放置したら、ベイクパンに入れてフタをしてグリルへ。最初強火で5分、弱火にして3分。その後1分放置しました。

味付けしてベイクパンに入れた豚肉

できあがりです!

ベイクパンをグリルに入れて焼いた豚肉

さーてどんなもんでしょ。モグモグ。うん、柔らかいし、味付けも塩気がほどよくついていてバッチリです!

焼いた豚肉のアップ

でもね…。これは一応合格点を出してもいい出来栄えだけど、この柔らかさはまだ満足できないですね。若干赤身がキシキシするっていうか。脂身に近いところは文句ないんですが。もっとレベル高くしたい。思い切って言うと、店でお金とれるレベルにしたい。いや、店やるつもりはないけど。

今回思ったのが、鶏肉に比べて火の通りがかなり早いなっていうこと。同じ量でも鶏肉だったら全然まだ生だと思います。今回の強火5分、弱火3分という加熱時間をもっと短くして、そのかわり放置時間を長くすればいくらか改善される気はします。

でもそんなにすぐ火が通るなら、わざわざグリルでやる必要あるかな?ということで、鶏肉を焼いたときのように普通に弱火で焼けばいいんでは?と思いまして、再チャレンジしました。

スキレットのかわりにベイクパンでスパイシーチキンソテー。時間はかかるけど放置プレイの簡単調理★
いつもはスキレットでチキンソテーを作るんですが、南部鉄器 ベイクパン(木台・ハンドル2ヶ付)でもできます。スキレットが他の料理でふさがってた...

コンロで普通に焼く!ただしずっと弱火で。

先ほどと同じ味付けをしたお肉をベイクパンにのせます。最初から最後まで弱火です。ベイクパンを強火で温めることもしません。ひたすら弱火で放置します。3分もすれば、じゅわじゅわ音が聞こえてきます。ちなみにグリル編は国産でしたが、これは外国産です。100g98円。

ベイクパンにのせた豚肉

6分経過。私はここで引っくり返しました。さらに5分焼き、だいたいトータルで10~11分で焼きあがりました。やっぱり鶏肉に比べたら早いですね。鶏肉でやったときは同じやり方で倍の時間がかかりました。

引っくり返した豚肉

お肉をカットした断面です。グリルで焼いたのとあまり変わりません。さて食べてみましょう。モグモグ。んん!柔らかい!グリルでも十分柔らかいと思いましたが、断然こっちのが上です!

焼きあがった豚肉の断面アップ

というわけで、普通にコンロで焼く方法に軍配が上がりました。これは鶏肉と同じ結果になりました。鶏・豚を焼いた実験結果として、「ステーキは普通に弱火でじっくり焼け」ということかな。それにしても、ギャバンのスパイスミックスはいい仕事しますね。量なんて適当にすりこんだのに、味付け完璧。

ではでは~。