ヨーグルティア(ヨーグルトメーカー)でなんちゃってチャーシュー!ほったらかしの手間いらずレシピ。バーナーであぶって豚丼に★

豚肩ロース肉かたまり

ヨーグルティアで低温調理・第3弾です。時間はかかるけど手間はかからない料理の決定版のようなレシピです。何しろヨーグルティアにドボンと入れて、引き揚げたら醤油につけるだけ!ではいってみましょー★

スポンサーリンク

作り方

材料は、最初の画像にある豚肩ロースブロック肉と醤油のみです。いつものように熱めのお風呂程度の温度にお湯を沸かし、ヨーグルティアの内容器に入れます。お肉は今回は加熱後に味付けするので、何の下処理もせずそのままビニール袋に入れて空気を抜いてしばり、先ほどお湯を入れた内容器に沈めます。

今回は59℃で5時間にセットしました。鶏むね肉のときより1℃低い温度でやったんですが、まあまあ肉汁が出てますね。豚肉は仕方ないのかな…?これ以上温度下げると危険な香りがするし…。まあ結果的には美味しかったからいいんですけどね。

豚肩ロース肉をヨーグルティアで加熱したところ

断面のアップです。ほんのりピンク色でいい感じですね。触った感じも柔らかく仕上がってて、期待がふくらみます。

加熱後の豚肩ロース肉の断面

ビニール袋に適当に醤油と豚肉をいれ、できるだけ空気を抜いて口をしばります。粗熱がとれたら冷蔵庫へ。私は2日ほど放っておきました。かたまり肉の場合、1日は置いとかないと味がしみこまないです(私の経験上)。まあしみこまなくてもスライスしてタレをかければ問題ないんですけどね。

醬油につけた豚肩ロース肉

お肉を冷蔵庫からとりだし、スライスします。私はこのあとバーナーであぶるつもりだったので、手抜きして醤油のみの味付けでした。バーナーであぶったりしないのなら、醤油ににんにくを入れといた方がいいでしょう。何にもしないと、豚肉の脂が生臭い感じで気持ち悪くなります(安い豚肉だしね)。

醤油につけこんだ豚肩ロース肉をスライスしたところ

バーナーであぶります。バーナーは便利ですよ~^^ 我が家は刺身を買ってくると、一部よけておいてバーナーで少しあぶって食べてます。美味しいですよ★

スライスした豚肉をバーナーであぶっているところ

バーナーであぶったお肉です。よく「うまみを閉じ込める」とかいってお肉を最初に焼きますが、私はあれは根拠がないという説を信じています。このようにメイラード反応(糖+アミノ酸が結合して食材が褐色になる)を得るためにやっている作業だと考えていますので、フライパンで焼こうが、バーナーでやろうが同じことです。要は香ばしくなればいいわけです。同じ目的ならバーナーを使った方が洗い物もでませんし手軽ですね。

バーナーであぶった豚肉

あ~、うまそ~。って実際うまかったですけどね^^ ビール飲んじゃいました。全部スライスしてあぶって、豚丼にして頂きました★

あぶった豚肉のアップ

ちなみに、これが我が家で大活躍のバーナーです。

バーナー

このようにボンベとトーチ本体を外せます。ツマミでガスを調節して、横のスイッチで点火します。バーナーってプロしか使わないような気がして敷居が高い感じがしたんですが、実際使ってみたら簡単でした。手軽に食材を美味しくできますよ★

バーナーのトーチを外したところ
ではでは~。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ