無水鍋でかぼちゃのポタージュ!無水鍋でかぼちゃ1個分を一度に蒸すよ。

怪しいかぼちゃ

ちょっと怪しい感じのカボチャをもらったので、今回は無水鍋でカボチャのポタージュを作りました。とはいっても無水鍋が活躍するのはカボチャを蒸す工程のみ。あとは裏ごしして(あるいはミキサー)、鍋で調味してポタージュにするだけです(ここは無水鍋じゃなくてもOK)。

ポタージュのレシピというよりは、無水鍋ってこんな風に下ごしらえに使うと(どうやって手を出していいか分からない食材にぶち当たって、「とりあえず火を通しておくか」って時など)便利よ♪って感じの話です。ではいってみましょー★

スポンサーリンク

材料

以下の材料を、量は自己判断で(*ノ∀`*)。

  • カボチャ
  • 牛乳
  • バター
  • コンソメの素

先日、近所の知り合いにカボチャを頂きました。その時は「ありがとうございます~♪」なんてにこやかに受け取ったものの、このカボチャ…。何だか見たことがない感じ…。何か異様に身が白いし…。

怪しいカボチャを半分にカットしたところ

いったいどう調理すればいいのか、とモヤモヤしているうちにどんどん日がたってしまいまして。煮物にして外れだったらどうしようと怖くもあったので(ごめんなさい)、当たり障りのないポタージュにすることにしたんです。

作り方

無水鍋に水を100ccほど入れて蒸し板をセットします。

蒸し板をセットした無水鍋

カボチャを適当に切って、全部無水鍋にぶちこみます。やっぱりカボチャに見えないなー。

カットしたかぼちゃを入れた無水鍋

フタをして強火に。しばらくしてフタがカタカタなったら弱火にして15~20分加熱。さてフタを開けてみましょう。ドキドキ…。

あれっ!!カボチャっぽい色になってる!!これなら期待していいかも!(水っぽそうな感じもするけど)

蒸したかぼちゃ

この後の作業工程は写真がありません^^; 子どもがらみの別件で気持ちが荒んでいたので。とりあえず感想だけ書くと、ミキサーを出すのが面倒だった私はスプーンでつぶしましたが、ほぼストレスなしでキレイにつぶせました。無水鍋くんがしっかり蒸してくれたおかげです。

しかしやたら水っぽいカボチャで(やっぱり)、つぶしながら色々不安になりました。何も味付けなしでカボチャを食べてみると、やはり予想通り微妙なお味で…。でもカボチャの香りというか風味はしっかりあったので、ポタージュという選択は間違いなかったと思います。

いろいろ工程をすっ飛ばしまして、完成品がこちらっ!!

出来上がったかぼちゃのポタージュ

味はさておき、こうして器によそってハーブを少し振るだけでそれなりに見えちゃいますね。実際のところ、味は美味しくできたのですが(コンソメやバターの功績)、カボチャの繊維が荒かったのでなめらかとは言い難いポタージュでした(*ノ∀`*)。子どもは喜んで食べたのでよしとしましょう。

主婦をやってれば、このように扱いに困る野菜をもらうこともたまにあります。とりあえず火を通さないことには話にならないので、ザクザク切って無水鍋で蒸すことが多いです。便利ですよ♪ではでは~。