ステインを落とすためにザクトを使っていた私。研磨剤入りの歯磨き粉は歯を傷める&ステインがつきやすくなるので要注意。

女性の白い歯

私はコーヒーをよく飲むので、しばらくすると前歯に着色汚れ(ステイン)がついてしまいます。先日行った歯医者さんで歯科衛生士のお姉さんに言われた話です。研磨剤入りの歯磨き粉は要注意だそうですよ!

スポンサーリンク

研磨剤が入っている歯磨き粉がなぜ危険か

「ザクトはエナメル質をボロボロにするよ」

いまは歯医者さんにステインをとってもらってるんですが、先日、歯科衛生士さんとステインの話になりまして(ステインとってもらいながら^^)。

お姉さんステインってちゃんと歯磨きしててもついちゃいますよね~」

「そうなんですか!よく歯磨きしてないからつくわけじゃないんですね」

お姉さん「そうですよ。私も定期的にとってもらってますよ」

「そうですか~。それ聞いてちょっと安心しました。昔、タバコのヤニがとれるっていう歯磨き粉で一生懸命みがいてたことがありましたよ」

お姉さん「それ、ザクトじゃないですか?」

「そう!ザクト!あれ、よく使ってましたよ」

お姉さん「あれ止めた方がいいですよ。エナメル質がボロボロになりますよ」

お姉さんによると、ザクトは研磨剤がガッツリ入っているので磨けば磨くほど歯のエナメル質がボロボロに傷つき、その傷にさらに汚れが入り込んでステインが余計につきやすくなるとか。

私、思い当たる節がありますわ。私が以前ザクトでセルフケアしてた頃って、キレイにはなるんだけどステインがつくまでの期間がすごい短かったんですよね。

当時の私は「残念だけど、自分の歯がステイン汚れがつきやすいタイプ(体質?)なんだろう」と思っていました。違ったんだ~。研磨剤でエナメル質が傷ついてるから、汚れが入り込みやすくなってたんだな~。歯科衛生士のお姉さん、教えてくれてありがとう。

ザクトはタバコのヤニ落とし用歯磨き粉です

知らない方はザクトって何?って思われたかもしれないですね。粗めの研磨剤が配合されている歯磨き粉で、主にタバコのヤニをキレイにするために作られた商品です。

なぜなら、商品パッケージにタバコの絵がかいてあるから(笑)。私は今でこそ子どもの定期健診で歯医者さんに定期的に通う機会がありますが、独身の頃は仕事が忙しすぎて歯医者どころじゃありませんでした。

でもステインが前歯についてみっともないし、何とか自宅でセルフケアできないかとドラッグストアをウロウロしていたら目に飛び込んできたのがザクトのタバコの絵でした。

タバコのヤニを落とす歯磨き粉なんだから、コーヒーのステインくらい朝飯前だろうと思ってさっそく購入。使ってみたところ、確かに落ちる。落ちるわ。

これは結構いいかも、と思ってステインがつきはじめると定期的にザクトでケアしてました。いま思えば、私は歯のエナメル質をせっせと傷つけていたんですね…。

歯医者さんにいこう!

月並みだけど、やっぱ歯医者さんですよ。普段歯のケアを十分にできない人ならなおさら。自分がケアできない分を歯医者さんにリセットしてもらうんですよ。

歯の間にくっついた歯垢もガリガリとってくれるし、ステインもとってもらってピカピカ。終わると歯の間にいっぱいすき間ができます(ということはそれだけ汚れが^^;)。

どうしても行く暇がない多忙な方は

とはいっても独身のころの私は本当に歯医者さんどころじゃなかったし、セルフケアで済ませたい気持ちもよくわかります。

その場合は私のようについたら落とすというやり方じゃなく、普段からホワイトニングする(つかないようにする)というアプローチが必要になってきますね。それも毎日続けられるもの。

となるとやっぱり歯磨き粉を変えるのが手っ取り早いです。研磨剤なし・自然素材で歯のホワイトニングする【プレミアムブラントゥース】はオススメ。

自然由来の成分でアプローチするというところが好感もてますね。ステインがついた部分だけじゃなく、歯全体のホワイトニングにもなります。効果的なセルフケアをしたいあなたにオススメ♪

→【プレミアムブラントゥース】を見てみる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ