トイレ掃除をラクにするためにトイレスタンプ買ってみた。

トイレスタンプ

少しでもトイレ掃除の頻度を減らすためにトイレスタンプを買ってから早3年たちました。だいぶ役に立ってくれてます。おそらくこれからもお世話になります^^

スポンサーリンク

トイレスタンプの使い方&感想

↑の画像のように、本体と付け替え用ジェルがあります。本体の底にはキャップがついてまして、パカッとキャップをとるとこんな感じになります。

トイレスタンプのフタをとったところ

そしてスタンプの側面にはこのように↓小さな穴がいくつかあり、ボタンが出ています(赤く囲ったところ)。このトイレスタンプはあと1回分でおしまいですね。

トイレスタンプの側面

で、キャップをとった状態で便器にトイレスタンプをあてて、側面のボタンを押します。ボタンが穴から外れると本体の青い部分がスライドできるようになるので、ボタンが次の穴にカチッとはまるまでグーッと本体を便器に押しつけるようにスライドさせます。

はい、できました。

便器にトイレスタンプをつけたところ

使っていくと、こんな風にちょっとずつ溶けていきます。

溶けかけのトイレスタンプ

1回のスタンプでどれぐらいもつか

スタンプが溶けてなくなったら次のスタンプをつけるんですが、箱には1回分のスタンプで約1週間使用できると書いてあります。でも私の体感だと3週間くらいもちますね。

ちなみに我が家では、日中トイレを使うのは私ひとりです(長男は幼稚園、次男はオムツです)。旦那は朝早く夜遅いので、ほとんど家のトイレを使いません。長男が幼稚園から帰ったら使うので、数字でいえば我が家は大人1.5人分といったところでしょうか。

週末は旦那の分も加算されますから、厳しめに見積もっても大人1人に対し、スタンプ1個で3週間もつと考えていいと思います。まあこの辺は回数で決まるので、極端に頻尿の人がいればもっと短いサイクルになると思いますが、あくまで我が家比ということで。

ちょっと脱線しますが、しばらくトイレを使わないとこんな感じに少し黄色くなってカピカピになります。我が家には2か所トイレがありますが、普段使わない方のトイレはこうなってます。別に問題なく使えてます。すっごく時間かかりますが、使ってればそのうち溶けます。

乾いたトイレスタンプ

トイレ掃除の頻度はどうなった?

肝心なトイレ掃除の頻度ですが、劇的に少なくなりました。あまり大きな声ではいえませんが、1か月に1回くらいです。以前はさぼったリング(水面の位置にできる便器の汚れ)が1週間くらいでできてました。

今はトイレスタンプのおかげでさぼったリングができません。正直1か月たってもできてない気がしますが、フチの汚れとか掃除するついでに一応掃除します。でもほとんど便器の中以外の場所の掃除で済んでます。

それでも汚れがついたら「流せるトイレブラシ」

普段のトイレ使用ではトイレスタンプで十分対応できてるんですが、粘り気のある大便とかすると(ごめんなさい)便器にこびりつくことがあります。大体ほっとけば落ちるんですが(これもトイレスタンプの防汚効果なのかな)、たまにガンコについてしまうこともあります。

そういうとき私が使ってるのはコレです。 スクラビングバブル 流せるトイレブラシ

流せるトイレブラシ

こんなふうに洗剤が染みこんだ(青い部分)溶けるタイプのブラシを、プラスチックの持ち手にとりつけて使います。

流せるトイレブラシ

持ち手にはこのようにブラシを挟むためのレバースイッチがついてますので、ワンタッチで取りつけられます。

流せるトイレブラシのレバースイッチ

これはゴシゴシやってる間に紙のブラシがふやけて溶けていきますので、ぼやぼやしてると掃除ができなくなります(笑)。でもカピカピに乾いてこびりついた汚れでなければ、ちょっとガンコにこびりついた便なら余裕で落とせます。

ガシガシ磨きたいならちゃんとしたブラシには勝てません。私がこのブラシを愛用している理由は、衛生面です。いまのところ、掃除の面ではこの紙のブラシで十分対応できてますし。

トイレを磨いたあとのブラシにカビがはえたり、ホコリがついたりすると触るのもイヤなので、その都度捨てられるトイレブラシは結構気に入ってます。